VLCメディアプレーヤーで市販Blu-rayDiscを再生しよう

PCで解除して再生する場合はPowerDVDだとかWinDVDとかそういった有料ソフトを買う必要があったり、それかブルーレイプレーヤとかPS3/4とかで再生すればAACSキーが内蔵されているので(?)再生可能ですね。

市販ブルーレイプレーヤーなんて持ってないのでPCで再生したいわけです。そのための備忘録です。

私はPowerDVD15を正規購入したのですが、インストールファイルをなくしたので公式から再ダウンロードしてインストールしようと思ったのですがインストールファイルのダウンロード期限がもう終わったとかなんとか言われてしまいました。しまいには新しいの買ってね!ってサポセン。やっぱクソだわ…

(インストーラーexeがあればプロダクトキーを入力することでオンライン認証通すことはできます。インストーラーexeはなくさないようにしましょう)

Blu-ray Discを再生するための準備

  • VLCメディアプレーヤー タイトルにも記載ある通り、これは必要です。
  • MakeMKV beta期間はフリーソフトらしいです。
  • WindowsPC Mac・各種LinuxOSでもできるらしいですが、持ってないのでわかりません。

導入方法

VLCをインストールする。


公式サイトからDLできます。この記事を書いているときの最新版は3.0.3です。私は64bitOSを使っていますが、MakeMKVと合わせるために32bit版を入れています。

MakeMKVをインストールする。


公式サイトからDLできます。この記事を書いているときの最新版は1.12.3です。

MakeMKVを実行し、Blu-ray Discをドライブに入れると画像のように認識されます。

MakeMKVの公認コードを取得し、入力する

MakeMKVはライセンスを購入することで全機能を開放できます。
今回は公式フォーラムで配布されている期限付き公認コードを使います。
公認コードはこちらより入手可能です。
MakeMKVのヘルプ→公認と押して入力し、MakeMKVを再起動すればOKです。

期限はコードの下に書いてあるので期限が切れたら更新しましょう。
期限が切れるとVLCでの再生ができなくなります。

VLCでBlu-ray Discを再生できるようにする

ここまでは準備でした。では本題のBlu-ray Discを再生するための手順に入ります。このままではVLCで再生できません。

まず、MakeMKVのインストールされたフォルダを開きます。

32bitOSの場合はC:\Program Files\MakeMKV
64bitOSの場合はC:\Program Files (x86)\MakeMKV です。

次に、フォルダ内にあるlibmmbd.dllをVLCフォルダにコピーします。

32bitOSの場合はC:\Program Files\VideoLAN\VLC
64bitOSの場合はC:\Program Files (x86)\VideoLAN\VLC です。

libmmbd.dllをlibaacs.dllにリネームしたら終わりです。
リネームする際やコピーする際に管理者権限が必要になると思います。

では、VLCを起動して再生できるか確認しましょう。

再生できれば成功です。お疲れ様でした。

 

注意事項
すべて自己責任でお願いします。いかなる場合でも責任は負いかねます。
また、市販・レンタル共にDVD/Blu-ray Discの複製行為は法律にて禁止されています。
転んでも泣かない。

Leave a Reply

Your email address will not be published.